スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司馬遼太郎さん

司馬さんの本の面白さ。

男たちの弱さ。を描いている点。

こういうイメージ。

というのをいかに覆すか。

そういう点から小説を書くと、軸もぶれずにけっこう面白い小説が書けるような。

でも、そのためにはかなりの量の読書が要ります。

才能のない人は、努力するしかない。
そう言われますが。

司馬さんですら、めっちゃ本を読んでたのだから。
僕なんてめっちゃめっちゃ読まないと。

というわけで、司馬さんを見習おうと思いながら頑張っています!!


「PR」お札風呂
「PR」皆既日食
「PR」裁判員制度
「PR」刑事裁判・被害者参加制度
「PR」エイズ
「PR」FX
「PR」代理出産
「PR」
「PR」ムラタアクティブパートナー
「PR」ストレッチ
「PR」ディズニーランド
「PR」オリーブ油のシャンプー

スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

魔法を使ったり、特殊能力を持った人を小説に登場させようと思うなら

ファンタジーといえばいいのか。

魔法を使ったり、
霊力があったり、
宇宙人が着たり、
空を飛べたり、

人類の限界を超えた能力を持った人間を登場人物に考えている人。
その世界を一から構築するのって大変じゃないですか?

まあ、それが楽しみではあると思うんですが。

しんどいなって感じてる人は、もともと歴史にあった舞台を拝借してみてはどうでしょう。

手塚治虫さんの「火の鳥」が有名な例ですよね。

歴史上有名な登場人物の配下だったり、歴史的な登場人物が有名な戦いに勝てたのは、

特殊能力を持った人間の
今は失われた力を持った存在があった


みたいな感じにすると書きやすいそうです。

一度やってみてはどうでしょうか。

歴史上の人物で好きな人物が一人くらいいると思います。
けっこうおすすめですよ。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。