スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルさ

最近、傭兵代理店の続きを読んでいるのですが。

う~ん。


リアルってそこまで考えなくていいのかも。

もちろん、他に補えるものがあればですけど。


結局、物語の中に読者を遊ばせることができれば勝ちなわけですよね。

それができるかどうか。


遊び道具はなんでもいい。

なんならボールいっこでもいいのでは。


そんなことを思っています。

≪PR≫自己啓発
≪PR≫長澤まさみ
≪PR≫辛子明太子
≪PR≫平安
≪PR≫上地雄輔
≪PR≫日経225
≪PR≫賃貸
≪PR≫バレンタイン
≪PR≫予想
≪PR≫ネイルケア
≪PR≫ネイルサロン
≪PR≫円高

スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

物語のスケール

小説指南本を読んでいると、物語のスケールについて言及があります。

こじんまりしたものより、大きい方がいい。

というのが、大まかな意見です。

ですが。

このミステリーがすごい!大賞を取った3つの作品。

スケールとしてはでかくないんです。そんなに。

『4日間の奇跡』
『チーム・バチスタの栄光』
『禁断のパンダ』

『4日間の奇跡』では、本当に4日間の話ですし。
『チーム・バチスタの栄光』は、病院の中だけの話ですし。
『禁断のパンダ』は神戸のある特定のエリアだけの話です。

スケールという意味では、舞台は小さい。

でも、読後感でいうと、スケールがすごく大きく感じられます。
なぜか。

『4日間の奇跡』では、情景描写が圧倒的です。山の情景を描きながら、命が生まれ消えていくという地球のループの壮大さを感じます。

『チーム・バチスタの栄光』では、病院のウンチクがすごくたくさんあります。

『禁断のパンダ』でも、料理に対するウンチクがたくさんあります。

そうなんです。

他の新人賞でも、多くの作品はウンチクがどれだけあるかで、採用されているように思います。

ただ。
ただ、ですよ。

現在、人気作家の東野圭吾さんや、石田衣良さんの新人賞受賞作は、ウンチクが先行しているわけではありません。

これを見ると、ウンチクは目新しいから審査員の目に留まりやすいっていうのがあるんでしょうね。

だから、回を重ねるごとに、失速することが多い。ような。そうじゃない人もたくさんいますけど。

だから。

作品の売りをきちんと認識しておくのが大切だという当たり前のところにたどりつくんですね。

ウンチクなのか。

ストーリーの展開なのか。

この比率がどうなのか。

小説って難しいですね。

でも、だからこそ、書いていて楽しい!!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

偉大なるマンネリ

今回のドラマ。
ごくせんやら、ルーキーズといったドラマが視聴率を取ってるらしいですね。

わかりやすいストーリーですよね。
形は違うけど、パターンは一緒みたいな。

マンネリというか、パターンですけど、そのドラマの中ではそれがリアルです。

リアルさを追求するのは、本物かどうかということよりも、

自分が描く物語であったり、ドラマの中で何が本当なのかをよく考える事なんでしょう。

考えすぎて、作品を書き上げないと意味がないですけど。

あと、わかりやすさも大事なんでしょうね。
ごくせんは本当にわかりやすい。

小難しいものを読みたいと思って、小説を読む人もいれば、ただ楽しみたい人もいるはず。
読み手が何を必要としているのか考えてみてもいいかもしれませんね。



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

小説のリアル


↓↓
ウインドトーカーズ

サイパン島のアメリカと日本の闘いを描いた作品。
かなりの低い評価を得た作品です。

この時期、多くの戦争映画が公開され、その中で戦闘シーンの迫力は一位。いや、今までの戦争映画の中でもかなりの迫力です。
しかし。
この作品はやっぱり、戦争映画としては駄作だと言われても仕方ないでしょう。

なぜなら、物語と言うのは小説でも映画でも根本は一緒。
主人公も敵もアホではダメ。ということです。

この映画、日本兵がアホなんです。
だから、どれだけ戦闘シーンに迫力があっても、リアルに感じられないんです。

サイパン島というのは、ここを取られるとB29の航続距離に入ってしまい、日本本土が爆撃されるという重要拠点です。ここを守る日本人は持久戦を強いるはずです。
主人公のアメリカ兵の前に出てきては撃たれるというのは、フィクションであっても、あまりにおかしい。しかも、律儀に少数であらわれてはやられていく。
普通、2人の人間を倒すために10人の人間がいたら、連携して倒そうとしますよね。
日本の兵隊さんはまったくせずに、個々に出てきてはやられていきます。

全くここにリアルさがありません。

かたや、

↓↓
スターリングラード

では、狙撃手同士の戦いがよく考えてみればうそくさいんですが、見てる間はリアルに感じられます。
つまり、視点側(味方)も敵を倒そうと考え、視覚的にはわからないけれども敵側も味方を倒そうと考えている事が伝わるので、リアルに感じられます。

小説も映画も、リアルに感じられるかが大事だと思います。
本当にあったことを表現するだけでは、受け手はリアルだと感じません。いかに、本当っぽく描くか、見せるかということが大事なんです。

小説でベストセラーになってる本の多くはよくよく考えると、有り得ない話がほとんどだと思います。でも、わたしたちはそれを読むとき、リアルに感じているはずです。

リアルに感じてもらうために大切な事。

主人公も脇役も敵役もみんな苦労する。考えてる事を伝える。これなんだと思います。

小説指南本によく書かれている事ですが、映画で見るとよくわかります。
ぜひ、みてみてください。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。