スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起承転結

物語を書いたりする上で。

学校なんかで習ったりする。

「起承転結」

大事だけれど。

大事すぎて間違ってしまう。

そんな気がします。

今、売れに売れている小説。

「チームバチスタの栄光」とか「容疑者?の献身」とか。

「起承転結」の転のところが、3つも4つもある。

「起承転結」じゃなくて、「起承転転転転結」を意識して書けばいいんじゃなかろうか。

ぼくは、「転」が弱いなぁと自分で思っていて。

それは「転」を一つしか用意していないからじゃないか。

そう思うようになりました。

プロットの前に、転転転ぐらい考えておけば。

プロっトで、もっと転が作れて。

実際に書いていけば、もっといい「転」が書けるんじゃなかろうか。

そんな風に思います。

みなさんはどうでしょう??


公募ガイド 2008年 08月号 [雑誌]
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

ふと思いついたのですが

いやあ、なんかプロットって実はみんな作ってるんじゃなかろうかと

ふと思いました。

自分なりのプロットを当たり前だけどみんな作っている。

世間で言われる書式のプロットを作るか作らないかがあるだけで、
実は誰にも自分自身のプロットがあるのでは。

なんかそう思いました。

瀬尾まいこさんという方がいるのですが。
瀬尾さんは、最初の30枚を思うままに書いた後、それからこの物語をどうするか決めるそうです。

これも、プロットですよね。
土台を作った上に何をのせるかっていう。

そんなことをふと考えました。

みなさんはどうでしょう??



テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

テーマが先か、書くことが先か

小説を書く前にけっこう問題になるのが、これじゃないですか?

書きたいものがあるから書くのか。

書いていくうちに書きたいものが出てくるのか。

プロの作家さんの意見を読んでいると、どっちでもいいって感じですね。

どっちのタイプの作家さんもいらっしゃるので、あんまり関係ないんでしょう。

ただ。

新人賞を取るには、テーマがある方が強いような。。。。

あー、でも、そんなこともないですね。

山本幸久さんや
荻原浩さん

こうどうしても世に問いたいテーマが先にあったとは思えません。新人賞受賞作については。

というわけで、どっちでもいいので、書きましょう(笑)

瀬尾まい子さんは、思いつくまま冒頭の30枚を書くそうです。
だから、あんなにやわらかい作品ができあがるのでしょう。瀬尾さんの作品のあの独特の雰囲気は、プロットを作っていたら生まれないと思います。

金原ひとみさんもプロット作らないそうです。
自分の生み出す言葉が続きを生んでいくそうです。
でも、金原さんの作品は新しい試みが入っている気がする。

ちょっと話題がずれましたね。

これはあくまで感覚的にですが。

男性はテーマが先にある方が多く、
女性は書いていたらテーマみたいなものが生まれてくるという方が多いような気がします。

ぼくもすべての小説家を網羅しているわけではないので、なんとも言えませんが。

自分はどっちタイプかなって思いながら書くのは大事だと思います☆

がんばりましょう☆


テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プロットについて その4


さてさて、プロットについて、この辺で一段落させようと思います。

プロットを書く人も書かない人も、事前にある程度、自分の作品の完成図みたいなものは描くと思います。

ある小説家の方は、小説は粘土細工だと言っています。

いい表現ですよね。
たとえば、象をつくるとします。
四本脚が地面についてる象を思い描いて作り始めました。

でも、やってみると、意外にうまくつくれて。
足を上げて、動いている象をつくってみた。
お、まだまだいけるぞ。

ついには立ち上がって、空に向かって吠えている象ができてしまった。

最初、考えていたものとだいぶ違っているけど、こちらの方が断然いいと思える。

小説も同じなんでしょうね。

プロットを書く人も。
そうじゃない人も。

やらなきゃいけないのは、最初自分の頭で描いた小説を、超えていかないといけない。
自分が書いた作品が、思った作品を超えていると思えるか。

それが大事なんじゃないでしょうか。

今、見当たらないんですが、1人、有名な作家さんもそう言っています。
プロットは、その通り小説を書くものではなくて、プロットを超えるところにいい作品があるから、そのために書くんだと。

もしかすると、プロットっていうのは、自分が小説を書くためのメモ。もしくは、あらすじではなくて。
自分の限界を超えるために用意するもの。

なのかもしれませんね。

プロットを書いた自分は昔の自分です。
小説を書いているのは今の自分です。

昔を超えるから、成長した今がある。

なんて、えらそうなことを書いてしまいました。

ぼくも昨日の自分よりいいものを書けるように日々精進したいと思います。

でも、くじけそうになるときありますよね。
そんな時勇気をくれる本がこれだと僕は最近思っております。

理由は、立ち読みでもして読んでいただければわかるかと。


↑↑
本気で小説を書きたい人のためのガイドブック

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プロットについて その3

さてさて。
昨日に続き、プロットについて、勝手な意見を述べたいと思います。

当たり前じゃい!って思う人もいるでしょうね。

あ、横道にそれますが、
中城ふみ子賞という短歌の賞で次席を頂きました。

あ、プロットですね。

プロットがきちんと書けるようにはプロットを練習しても基本的には意味がないと思います。
これは、僕の個人的な感想ですが、プロットを勧める人は比較的年齢が低いうちから小説を書いている人のように思います。
そして、何でもいいから作品を書きあげてきた人。

プロットを書かない人は、ある程度の年齢になってから、書こうって思った人のように見えます。

つまり、自分の小説を書き方をある程度把握しておかないとプロットは書けないと思うんです。

プロットの定義はありますが、結局は、自分の書きやすいように骨組みを作る行為なわけですから。自分を知らないと自分のためのプロットはなかなか書きづらいと思うんです。

もちろん、プロットを最初から書ける人もいると思いますが。


出しても出しても結果が出ないと言う人。
ぼくもそうですが。

口をそろえてプロの方は言います。

プロになるより、プロであり続けるほうがしんどいって。

ということは、新人賞がなかなか取れなくても、プロでい続けるための今は修行なのだと考えましょう。
きっと、プロになれる準備ができたら、自然に作家になっていますよ。
だから。

諦めずに書きましょう!!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。