スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語のスケール

小説指南本を読んでいると、物語のスケールについて言及があります。

こじんまりしたものより、大きい方がいい。

というのが、大まかな意見です。

ですが。

このミステリーがすごい!大賞を取った3つの作品。

スケールとしてはでかくないんです。そんなに。

『4日間の奇跡』
『チーム・バチスタの栄光』
『禁断のパンダ』

『4日間の奇跡』では、本当に4日間の話ですし。
『チーム・バチスタの栄光』は、病院の中だけの話ですし。
『禁断のパンダ』は神戸のある特定のエリアだけの話です。

スケールという意味では、舞台は小さい。

でも、読後感でいうと、スケールがすごく大きく感じられます。
なぜか。

『4日間の奇跡』では、情景描写が圧倒的です。山の情景を描きながら、命が生まれ消えていくという地球のループの壮大さを感じます。

『チーム・バチスタの栄光』では、病院のウンチクがすごくたくさんあります。

『禁断のパンダ』でも、料理に対するウンチクがたくさんあります。

そうなんです。

他の新人賞でも、多くの作品はウンチクがどれだけあるかで、採用されているように思います。

ただ。
ただ、ですよ。

現在、人気作家の東野圭吾さんや、石田衣良さんの新人賞受賞作は、ウンチクが先行しているわけではありません。

これを見ると、ウンチクは目新しいから審査員の目に留まりやすいっていうのがあるんでしょうね。

だから、回を重ねるごとに、失速することが多い。ような。そうじゃない人もたくさんいますけど。

だから。

作品の売りをきちんと認識しておくのが大切だという当たり前のところにたどりつくんですね。

ウンチクなのか。

ストーリーの展開なのか。

この比率がどうなのか。

小説って難しいですね。

でも、だからこそ、書いていて楽しい!!
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

情景描写がなくても面白い小説

タイトルのまんまなんですが。

情景描写があれ?少ないって思うけど、面白い小説ってあると思うんです。

必要最低限と言えるかもしれません。

佐々木譲さんの「笑う警官」という作品があります。

登場人物が多数というのと、ストーリーが面白いというので、情景描写は最低限にとどめています。

うまい情景描写ってこういうことだと思うんです。

必要最低限で考えてみる。

だって。

自分が書く小説が情景描写が売りじゃない場合もあるわけですから。

ストーリーなのか。

個性的なキャラクターなのか。

会話なのか。

なんでも、やろうとするからうまくいかないのかもしれません。

一度考えてみましょう。

自分の小説の売りはなんだと思いますか?
何を売りにしたいですか?

自分の小説の中の「売り」の一つなんだ。
情景描写は。

そう考えれば、少し肩の力が抜けませんか?

百聞は一見にしかず。

一度読んでみてくださいね。

佐々木譲さんの作品。

笑う警官
↓↓


テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

起承転結

物語を書いたりする上で。

学校なんかで習ったりする。

「起承転結」

大事だけれど。

大事すぎて間違ってしまう。

そんな気がします。

今、売れに売れている小説。

「チームバチスタの栄光」とか「容疑者?の献身」とか。

「起承転結」の転のところが、3つも4つもある。

「起承転結」じゃなくて、「起承転転転転結」を意識して書けばいいんじゃなかろうか。

ぼくは、「転」が弱いなぁと自分で思っていて。

それは「転」を一つしか用意していないからじゃないか。

そう思うようになりました。

プロットの前に、転転転ぐらい考えておけば。

プロっトで、もっと転が作れて。

実際に書いていけば、もっといい「転」が書けるんじゃなかろうか。

そんな風に思います。

みなさんはどうでしょう??


公募ガイド 2008年 08月号 [雑誌]

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

情景描写

描写がうまくなるには、やっぱり日頃のトレーニングらしい。

電車に乗る時。
空を見上げた時。
自分の彼氏彼女。

それをどう伝えるかを考えること。

意識することは比喩。

昨日書きましたが。

「~のような」

というのが比喩の中の直喩です。


「猫のような眼の少女」

これは直喩を使った表現方法。

これをひねると。

「いきなり後ろから声がした。振り返るとかわいらしい猫が立っていた。良く見ると女の子だった。人なつっこい笑顔で僕を見ている」

ちょっと下手ですが。
これが僕の限界なんで許してください(笑)

こんな風に直喩から、言い換えを楽しんでみるのも自分の描写力を上達する方法になると思います。

もっと詳しく知りたい人は、以下の本を参考にするといいかなと思います☆


↑↑
小説家になる方法

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

情景描写

情景描写って、小説を書く上では避けない通れない道ですよね。

いや、書かなくて小説が書ける方はそれはそれでいいと思うんですが。

で、情景描写で大事なのが比喩だと僕は思います。

「~のように○○した」

という形ですね。

ここで、重要なのは、よくある比喩を使っていないか。

滝のように涙が出た。

とかがそれだと思います。

自分にしかできない表現で、描写をする。

それが大事だと思います!!

と言いつつ。

これが難しい。

訓練の方法としては、毎日の空を心の中で描写してみる。

とからしいのですが。

難しい。

だけど。

小説がノッてるとき、なぜか、今まで思いもしなかった風景が描写できたりします。

そういう感覚を覚えていくのが大事なのかな、と思います。

あんまり、参考にならない話ですね。

また、頑張って勉強したいと思います!!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

泣き虫アンナ

http://blog-imgs-21.fc2.com/s/a/k/sakka343/20080712110139.txt

上記のリンクをクリックしてもらいますと。
佐伯大輔の作品が開くと思います。

ちょっと見づらいかもしれません。
コピーして、ワードソフトなどに貼ってもらうと読みやすくなると思います。

小説を書き始めて2作目です。

1次選考にもかからなかった作品です。

感想など頂けたら嬉しいなと思っています。
何かありましたら、ご自由にコメントにお書きください!!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

誰かに読んでもらうということ

小説が完成したら。
できるだけ、誰かに読んでもらった方がいいみたいですね。

すごく刺激になります。

ただ、素人の小説を時間をかけて読んでもらうのってなかなか勇気がいりますが。

自分の作品を客観的に見るのってすごく難しい。
でも、誰かに読んでもらて。
批判をもらうと。

そこを直そうとして自分の作品に取り組めます。
すると、今までどれだけ読みなおしても気づかなかったことに気づけるのです。


なので、僕もこの場で小説を掲載!!
したいのですが。

ネットで公開させると応募できない賞もありますから。
難儀ですね~。

このホームページに載せても誰が読むねん!!というツッコミはお許しを。

完成したら誰かに読んでもらいましょう。

ぼくは、無理やり友達に送りつけます。
その友達の読んだ時間は出世払いということでお願いしています。

読んでくれる人に本当に感謝しています。

小説で売れたいというのはもちろんありますが。

小説を書いて、読んでもらうことでつながりもできたりして。
そちらも楽しいです。

あ、ずれましたね。

孤独に小説を書くのもいいと思います。
でも、読んでもらえれば、思わぬ発見もあると思います。

頑張りましょう!!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

やっとこさ

日本ラブストーリー大賞に応募する作品を書こうと思います。

いやぁ、去年、一次選考も通らなかった思い出深い賞です(笑)

絶対に取ってやります。

そんな勢いでやります。

プロットらしきものを作りながら、ワクワクしています。

小説を書くたびにどんな作品に仕上がるのかなんだかワクワクするようになりました。

書き終わるとはたして面白いのかドキドキするんですが。

さてさて、今回はどうなるんでしょうか。

どなかた、日本ラブストーリー大賞に応募される方はいますか?
お互い頑張りましょう!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

きっと、よくなる!

生きる勇気ってなんなのか。

小説って、世界に必要かといえばそうではない。

でも、ないよりあったほうがいい。

第二次世界大戦。
シベリア抑留というのがありました。

過酷な状況の中。
多くの方が亡くなられたと聞きます。

そんな彼らを救ったのは。

俳句。

文学なんですね。

みんなで俳句を作り合って、発表し合う。

たった、それだけ。

それだけと言えば失礼ですが。

それが生きる糧になったそうです。

俳句。

つまり、自分の生きている世界を575に閉じ込めることで、自分の生きている世界を客観視する。
だから。
絶望せずに。
明日を生きる勇気を得る。

らしいです。

ぼくが調べた本では、そう書かれていました。

ということは。

つらい世の中を。

強く生きる勇気を与えるもの。

それが小説。

なんだと思います。

小説だけじゃなくて、エッセイもそうだと思います。

文学は誰かに勇気を与える。

ぼくはそれだけは忘れないようにしたいと思っています。


きっと、よくなる!

これは本田健さんという方のエッセイ集。

自己啓発本に分類されるんですが。
単純に勇気をもらえます。

単純に勇気をもらえる作品。

そんな作品を書きたいと思っています。

テーマ : 小説家になるための本を紹介
ジャンル : 小説・文学

小説で残念なこと

方言の微妙なニュアンスが出ませんね~。

小説というのは。

佐伯大輔は関西の人なんで、
関西弁はまだ描きやすいんですが、佐伯が大好きな長野県の方言とかなかなか。

「~しましょ」の発音とか書けないもんなぁ。

佐伯は、なんだか長野とか広島の方言を話す女の子が好きなようです。

ね。誰も知るか、そんなもんって感じでしょうが。



国会会議録を使った日本語研究

ちなみに、出版社の講談社が運営しているSNSサイト「ゴッコ」というところで、ちょっとだけ佐伯大輔の小説を発表したりしています。
そこでは、小説の賞もあって、うまくいくと講談社から出版もされたりするので、気になる人はのぞいてみてください!!

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

タイトルについて

プライベートライアンという映画を見ました。

1998年の映画。
10年も前の映画ですが、まったく色あせていません。

名作ってこういうことなんでしょうね。

同じように戦争を描いた作品はたくさんあるんですが、これだけ本当に特別に思います。

それは、登場人物一人ひとりに個性があること。

当たり前でいて、これがなかなかどの作品もできていません。

なんでだろうってパッケージをぼうっと見てたら。

そうか、タイトルだ!って思ったんです。

「Saving private ryan」

が、プライベートライアンの正式タイトルなんですが。

戦争映画なのに、個人名がついてるんです。

これって、かなり革命的じゃないですか?
戦争映画のほとんどが、テーマだったり戦場だったりがタイトルになります。

人物名がタイトルになっている作品はいくつかあります。

そういう作品って、登場人物に特徴があると思うんです。

当たり前ですよね。タイトルにつけるぐらいなんですから。

でも、そのタイトルにつけるってことが大切なのかなって思いました。
だって、縛りができるじゃないですか。
自分に。


タイトルを後でつけるって人もいますが。
やっぱり、最初につけたい。

タイトルは、自分の書く小説の箱なんだと思います。

自分の書く小説にどんな箱を用意してやるか。

そう考えると、タイトルもなんだかつけるのが楽しくなりませんか??

プライベートライアンを見ていない人はぜひ見てください。

(DVD)プライベート・ライアン

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

なぜだか

ねむれず、ホームページのデザインを変えてみました。

友達の個展に先日行ってきました。

その作品の中に、脈というものがありました。

ぼくたちは脈のように誰かとつながっている。

感動したので、そのイメージにしました。

ネットの片隅で好き勝手書いているわけですが、みなさまとつながっていけたら。

そんな思いを込めてみました。

これからもよろしくお願いします☆

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

7月に締切のある新人賞

第4回 短編恋愛小説「深大寺恋物語」  http://chofu.com/

原稿用紙10枚以内
7月31日 必着

応募要項に細かい指示があるので、気をつけてくださいね。

第4回 日本ラブストーリー大賞

詳しくはコチラ
http://www.japanlovestory.jp/about/index.html

原稿用紙200枚~600枚
7月31日 消印有効

第3回 日本ケータイ小説大賞

詳しくはこちら
http://nkst.jp/pc/application.html

小説投稿ページ200ページ以上。
原稿用紙だと300枚以上と思われます。

7月31日までにウェブで投稿。

第17回「小川未明文学賞」
詳しくはコチラ
http://www.city.joetsu.niigata.jp/contents/history/mimei/

原稿用紙50~120枚
7月31日(消印有効)

jNGP’08 Summerジャンプ小説新人賞

詳しくはコチラ
http://j-books.shueisha.co.jp/prize/

?フリー部門。 ?テーマ部門。テーマ「飛行機」

原稿用紙
?300以内 ?100枚以内

7月31日(当日消印有効)

第56回地上文学賞

詳しくはコチラ
http://www.ienohikari.net/dokusyo/chijobungagaku.html

原稿用紙50枚以内

7月31日(当日消印有効)

以上です。

気になる賞はありましたか??

八月分も少ししたらやりますね☆



テーマ : 締切間近の新人賞
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。