スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説家になるには 『長編と短編どっちを書くべき?』

たぶん。
とっても。
憶測ですが。

作家になろうという人は、やっぱり文章を書くのが好きだし、自分の文章はうまいと思ってる(普通の人という言い方がふさわしくないかもしれないが、普通の人よりやっぱりうまいのは事実)方が多いと思うんですよ。

佐伯大輔もそうなんですが。
ですが。

いや。
だからこそかな。

短編だと修行にならないんですよ。
ある程度は書けてしまうんですよ。
そこそこ面白いものが。
でも。
そこそこ面白いでは、倍率500~600倍の短編を募集する新人賞を取ることはできないんですよ。
やっと、そのことに僕は気づきました。。。。
遅いですね~。

やっぱり、長編を書かないと。目安は原稿用紙200枚以上。

失敗してもいいんです。
でも、長編を書いて一人の主人公なり脇役達に長く接することで彼らからたくさんのことを学べます。
もっと、うまくキャラクター造形をするには。
会話の工夫は。
設定は。
伏線は。

長編を書くのは怖いです。僕は。
だって、失敗するかもっていうのが頭にありますから。
長編を苦労して書きあげても面白くなかったら。
そう考えるとたまらないですね。

でも、やらないと。
プロになるなら。
そう思います。

長編にトライしていきましょう!!
僕は目指せ600枚です!!

新・それでも作家になりたい人のためのブックガイド
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。