スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説家になるには 『長編の書き方』

さて、長編を書くには。

これは、小説指南本に書かれていることです。

期間。一週間以上。

やっぱり、伸びた方が伸びます。当たり前ですね。

で。

主人公の心理描写。
こう思った。だけじゃなくて。「○○は~~じゃないのか」とか、語り口にしたりして工夫しながら心理描写をちゃんとやる。そうすると人物にも深みが出て、小説に長さが出るそうです。

風景描写。
長すぎるとかったるいだけですが、「四日間の奇跡」のように圧倒的な風景描写で読ませるような作品もあります。書いてみないと上達しないわけですから、失敗とかは考えないようにしましょう。

脇役の抵抗。

やられ役であっても、馬鹿なやつであっても、何かは考えているわけです。抵抗をきちんとさせることで長さが出るし、臨場感も出ます。

長編をばりばり書いていきましょう!!

プロ作家になるための四十カ条
スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

こんばんは。
長編は、集中しないと書けませんよね……。
私も目標は500枚なのですが、半分くらいで止まってしまいました。
物語のど真ん中で……。
理由は他にあるのですが、いろいろ模索中です。
描写は種類も多く、使いこなすのは大変ですよね。
心理描写や表情描写、口調の描写なんかもあったりするし。
まだまだ修行が足りません(涙)

コメントありがとうございます。

500枚ですか。すごいですね。途中でも250枚。

いやいや、すごいですよ。

描写って難しいですよね。一言で描写っていっても本当にいろいろありますからね。

やるしかないですからね。
がんばっていきましょう。

ごめんなさい。
400字原稿に換算したら、220枚台しか、ありませんでした。
まだ途中です。これから出てくるキャラもいますし。
これから2つの山場があって、その後で、クライマックスです。
物語が破綻しないことを祈るばかりです(涙)
なんとか、頑張ります……。

不安になりますよね。

200枚も書いて破綻したらどうしようって。
きっと大丈夫ですよ!!

頑張りましょう!!
プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。