スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きなおすより新作を


プロ作家になるための四十カ条

さて、これから新人賞を取ろうと思うわたしたちは、今まで書いて気に入った作品にこだわったりしませんか?
ぼくはこだわったりしてしまいます。

でも、多くの小説家の方がこれまで書いた作品より新作を書いた方が楽だって言うんです。
最近、ぼくもこの意味がわかり始めてきました。

まず、新作を書き続けると少しずつでも自分がうまくなっているのを実感できます。

それから、やっぱり、数をこなすことで、書いた作品の数が自分の自信になります。

作家を続けていくモチベーションが保ちやすいっていうのが一番なんだと思います。

後、新作をずっと書いてると、無理やりな設定で書いたりしませんか?
それが、自分の枠を広げてくれると言うか。

書きなおしというのは、プロの作家さんでも苦戦されるそうです。だからこそ、今、このときにやっておくことも意味があるでしょう。

でも、書き続けていくんですから。

新作を書きましょうよ。

ぼくも新作を書き始めました。


スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。