スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマが先か、書くことが先か

小説を書く前にけっこう問題になるのが、これじゃないですか?

書きたいものがあるから書くのか。

書いていくうちに書きたいものが出てくるのか。

プロの作家さんの意見を読んでいると、どっちでもいいって感じですね。

どっちのタイプの作家さんもいらっしゃるので、あんまり関係ないんでしょう。

ただ。

新人賞を取るには、テーマがある方が強いような。。。。

あー、でも、そんなこともないですね。

山本幸久さんや
荻原浩さん

こうどうしても世に問いたいテーマが先にあったとは思えません。新人賞受賞作については。

というわけで、どっちでもいいので、書きましょう(笑)

瀬尾まい子さんは、思いつくまま冒頭の30枚を書くそうです。
だから、あんなにやわらかい作品ができあがるのでしょう。瀬尾さんの作品のあの独特の雰囲気は、プロットを作っていたら生まれないと思います。

金原ひとみさんもプロット作らないそうです。
自分の生み出す言葉が続きを生んでいくそうです。
でも、金原さんの作品は新しい試みが入っている気がする。

ちょっと話題がずれましたね。

これはあくまで感覚的にですが。

男性はテーマが先にある方が多く、
女性は書いていたらテーマみたいなものが生まれてくるという方が多いような気がします。

ぼくもすべての小説家を網羅しているわけではないので、なんとも言えませんが。

自分はどっちタイプかなって思いながら書くのは大事だと思います☆

がんばりましょう☆


スポンサーサイト

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

佐伯大輔

Author:佐伯大輔
佐伯大輔です。小説家になるためのガイドブックを紹介していきます。
また、新人賞などの紹介をしていきます。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。